ふるさと納税控除の受け方2種類!

お金に関すること
ごうくん
ごうくん

今年はふるさと納税のやり方も分かったし、

いっぱい寄付しちゃった~!!

って、あれ?実際にどうやって控除受ければいいんだ??

あやちゃん
あやちゃん

そんなこともわからないで寄付してたのね!

寄付して控除を受けないようじゃあ、ただの無駄遣いじゃない!

ごうくん
ごうくん

あ、あやちゃん!!

頼む!控除の受け方教えてくれええ!!

あやちゃん
あやちゃん

しょうがないわねえ…

一回しか教えないからちゃんと覚えてね!

というわけで(笑)

今回はふるさと納税の控除の受け方について書いていきます。

その前にふるさと納税とはなんぞや?

という方もいらっしゃると思いますので軽くふるさと納税の仕組みについても触れていこうと思います。

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、応援したい自治体や自分が生まれ育った自治体へ寄付し、そのお礼として地域の名産品、特産品がもらえるというものです。そして寄付した額の2000円を超える部分については、住民税については控除、所得税については還付を受けることができるという制度です。

つまり、実質負担2000円でいろんなお礼の品が頂けちゃうというものです。

普通に住民税、所得税を払っているよりも断然お得ですね!!

下に張ってあるリンクに詳しく書いてあるので、ぜひご覧になってみてください!

知らなきゃ損する!ふるさと納税の仕組み!
ごうくんうーん。給与が上がって年収が増えてもなあ。税金もたくさん取られるし…なんか税金をお得に払う制度が...

ふるさと納税控除の受け方

ふるさと納税の控除の受け方は2種類存在します。

  1. ワンストップ特例制度
  2. 確定申告

上記2つの方法があるのですが、

みなさんの収入だったり生活事情によってどちらを選ぶべきか変わってきます。

それぞれ順番に説明していきます。

ワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度とは、申請条件を満たしていれば使うことのできる制度です。ワンストップ特例制度使うと自身で確定申告をせずにふるさと納税による控除を受けることができるのです。

申請条件は以下の3つです。

  • 確定申告をする必要がない人
  • 1年間の寄付数が5回以内であること
  • 申し込みの度に自治体へ申請書を郵送していること

まず、確定申告をする必要がない人についてです。

確定申告をする必要がない人とは、給与所得が2000万円以内の給与所得者である人のこと。

他にも、住宅ローン控除や医療費控除など、ふるさと納税とは別の控除を受ける人は確定申告をしなければならないですね。

次に、1年間の寄付数が5回以内であることについてです。

これはそのまんま年間の寄付数が5回以内に収まっていれば良いのですが、

注意しなければならないのがたとえ寄付先が同じ自治体であっても2回目の寄付は2としてカウントされてしまうということです。

ですので、寄付先が同じだからといって6回寄付してしまうとワンストップ特例の対象外になってしまいますね。

最後に、申し込みの度に自治体へ申請書を郵送していることです。

ワンストップ特例制度を利用するのに、自治体へ「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」という書類を提出しなければなりません。

これも寄付先自治体が前回と同一であっても、申請書は申し込みの度に提出するものとされています。

「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」は寄付先自治体へ連絡をして直接もらうことができます。

また「ふるさとチョイス」などからでもフォームがダウンロードできますので、そちらを印刷して提出することもできます。

下のリンクからダウンロードページいけます。

またワンストップ特例についてもより詳しく書いてありますので見てみてください。

ワンストップ特例制度とは | ふるさと納税 [ふるさとチョイス]
ワンストップ特例制度とは、ふるさと納税をした後に確定申告をしなくても税金の控除が受けられる便利な仕組みです。必要書類を記入し、寄付した自治体に送るだけなのでとても簡単。

上記、3つの条件を満たしている人が申請書を自治体へ送ることにより、申請ができます。

ワンストップ特例を使うと自身で確定申告をする必要がないので、ワンストップ特例を使える人は使ったほうが楽ですね!

確定申告

確定申告をして控除を受けることもできます。

ふるさと納税は、寄付金控除に当たりますので寄付金控除として確定申告することにより控除が受けられるわけです。

確定申告をしなければいけない人は必ず寄付金控除の申請も忘れずに行ってください。

確定申告をしなければいけない人
・給与所得が2000万円をこえる者
・住宅ローン控除、医療費控除など他の控除を申請する者

寄付金控除をするにあたって、寄付を証明する「寄付金受領証明書」という書類が必要になりますので準備しておきましょう。

「寄付金受領証明書」は寄付をした自治体から送付されます。

さて、ワンストップ特例を申請していて、それから確定申告をする場合はどうなると思いますか?

答えは、確定申告をするとワンストップ特例は無効になってしまう。です。

ワンストップ特例をしていても、確定申告をするならばしっかりと寄付金控除の申告をしなければいけないということです!気を付けましょう!

まとめ

今回はふるさと納税の控除の受け方について書いていきました。

2つ控除の受け方がありましたね!

  • ワンストップ特例制度
  • 確定申告

確定申告をする必要がない人はワンストップ特例制度を利用するのがいいかと思います。

確定申告をしなければいけない人については、寄付金控除の申請するのを忘れないように気を付けてください!!

以上!良いふるさと納税ライフを!!

The following two tabs change content below.
ごう。
大学4年時に行ったバックパッカーの旅で東大生K君に出会いお金について教わり、人生の目標を勤め人卒業とする。 現在は、新卒で入った会社を半年で辞めて再就職を目指す。(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました