宝くじほどうまい商売はない!宝くじを買っていてはお金持ちになれない!

お金に関すること
ごうくん
ごうくん

こんにちは!ごうです!

今回は宝くじについてお話します!

宝くじといえば、年末にはジャンボがあり毎年盛り上がりを見せていますよね。

少額から買うことができて、もし高額当選すれば一気にお金持ちへ。。

まさに、一獲千金です。

今回はそんな宝くじが最高に良い商売だ。そして買っている私たちはカモだ。
っていうお話をしていきます。

読み終えた方は、
もう宝くじを買うことはなくなるかもしれませんね。(笑)

宝くじの仕組み

宝くじが最高に良い商売だっていうのは、その還元率と当選確率をみることである程度わかります。

還元率は低く、当選確率はものすごい低いのです。

両者はそれぞれどのくらいなのでしょうか。

実際に還元率と当選確率についてみていきましょう。

還元率

宝くじの還元率
多くの場合40~50%に収まります。

では、この数字は高いのでしょうか?

競艇、競馬、オートレースの還元率は約74%

比べてみると、宝くじの還元率が異様に低いことがわかりますね。

しかし、
宝くじの当選金は課税対象ではなく、非課税であります。

一方で、
上記公営競技の当選金は課税対象となっているので、
税金を考慮した実際の還元率は約58%なようです。

それにしても、宝くじの還元率は低いと言えます。

当選確率

さて、次に当選確率についてですが、
下記のようになっています。

1等4億円1000万分の1
前後賞1億円500万分の1
2等3000万円1000万分の3
3等100万円10万分の1
組違い賞・4等10万円1000万分の1099
5等3000円100分の1
6等300円10分の1
2012年の年末ジャンボ


1等なんて0.0000001%の確立でしか当選しないんですよ(笑)

これがどれくらいの確立かといいますと

飛行機の事故による死ぬ確率が、0.0009%(※アメリカの国家運輸安全委員会 (NTSB) の調査による確率)ですから、これよりも確率的には全然低いです。

自分が飛行機事故に遭うことを信じられますか?
信じられないですよね。

こんなにも、当選確率が低い商品にみんなお金を使っているわけです。

なぜ宝くじを買うのか

先ほど、お話した通り宝くじの還元率と当選確率とても低いです。

宝くじを販売している側からするとこんなに良い商売は他にはないでしょう。

では、なぜこんな商売が何十年にも渡り続いているのか。

それには、いくつか理由があると思います。

お金を増やす方法を他に知らない

このタイプの方はパチスロでお金儲けしようとする人と同じです。
パチスロ店の社員やアルバイトの給料はどこから出ていると思いますか?
それは、パチスロで負けた人のお金です。

パチスロ店を運営するために
絶対に胴元が儲かるようにできています。

宝くじもこれと同じです。

宝くじの胴元、地方公共団体が儲かっているのです。

当選確率や還元率が低いので投資としてみても宝くじは良い商品ではありません。

宝くじを買うなら、まだ投資信託にお金を入れた方がマシです。

お金を増やす方法を他に知ることでもっといいお金の使い方が見つかるかもしれません。

構造がシンプルすぎる

宝くじは構造がシンプルすぎるのです。

紙に書いてある番号がアタリかハズレか。
それだけなのです。

番号を確認してアタリかハズレかなんて
小学校出ていれば誰にだってできることですよね。

つまり、日本人全員が宝くじのターゲットというわけです。

しかも、当たれば億万長者。

非常に嗜好性が高いものになっています。

なら試す価値はあるかもと思えてきてしまうのです。

夢を買っている

宝くじは当たらない、もしくはほとんど当たる可能性はないと分かっている人でも買う人はいると思います。

それは宝くじを娯楽と捉えて買っている層です。

当たれば面白いし、お金ももらえるといって
楽しみながら宝くじを買っているのです。

まさに、夢を買っていると言えるでしょう。

まとめ

今回は宝くじが
どれだけおいしい商売なのか
なぜ宝くじを買うのかについてお話していきました。

まとめると

・還元率は40%~50%
・1等当選確率は飛行機で事故にあうよりも低い

買う理由
・お金を増やす方法を他に知らない
・構造がシンプルすぎる
・夢を買っている

でした!

さいごに、
宝くじは構造がシンプルであるが故に、お金の増やし方を知らない貧困層をさらに貧しくする商売であるとも言えます。

宝くじを買うこと自体が悪いことだとは言いませんが、
還元率や当選確率を知ったうえで買うかどうか判断するべきだとは思います!

この記事が誰かのためになれば幸いです。

以上!ありがとうございました!!

The following two tabs change content below.
ごう。
大学4年時に行ったバックパッカーの旅で東大生K君に出会いお金について教わり、人生の目標を勤め人卒業とする。 現在は、新卒で入った会社を半年で辞めて再就職を目指す。(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました